HARG治療の最前線!

AGAを抑え込むための傾向と対策

AGAを抑え込むための傾向と対策

少しでも男性ホルモン(DHT)を抑えながら、毛母細胞をできるだけ長く活性化させて、毛髪サイクルを遅らせてあげよう!!そもそも、人間の髪の数は平均で10数万本以上。それぞれの毛髪が一定のリズムで生えたり抜けたりを繰り返しています。これを毛周期(ヘアサイクル)と言います。細胞が分裂を活発に繰り返し毛髪が...

≫続きを読む

AGAを起こすのはDHTだからDHTに効く薬が有効

どんな病気でもその元が何なのかが分らなければ対処の仕様がないですよね。治療するにも予防するにも、その原因がはっきりしないことにはどこをどうしたらよいものか、手の打ちようが分りません。AGAの元が知りたくて、いろいろ読んでみたんです。AGAの原因は、遺伝だとか生活環境だとか食事だとかストレスだとかとい...

≫続きを読む

AGA対策に必要な環境的な要因の排除とやるべきこと

AGAによる薄毛や脱毛の場合、根本的な原因は男性ホルモン「テストステロン」の影響ですが、食生活やストレス、加齢などがAGAの症状を助長ささせてしまう可能性は否定できません。薄毛を加速させる要因は「環境的な要因」と「加齢」の2つに分類することができます。この記事では前者の「環境的な要因」について詳しく...

≫続きを読む

AGA対策は自力で発毛する力が残っている30代からスタート

AGA対策は自力で発毛する力が残っている30代からスタート薄毛を加速させる要因に誰もが避けられない「加齢」があります。AGAと診断されたとしても、加齢による薄毛は回復の見込みが得られないことがあるようです。元来、AGAも加齢による老化現象の一種であります。幼少期、思春期、青年期、壮年期でホルモンのバ...

≫続きを読む

打倒!5α-リダクターゼでAGA予防する

「最近髪が薄くなったな・・・」自分の毛髪を鏡で見て、そんな風に思われる男性は、もしかするとAGAという病気の可能性が考えられるでしょう。AGAは男性型脱毛症のことで、その原因は男性ホルモンの働きによるものであると言われています。AGAを発症した方の髪が自然に元通りになることはなく、放っておけば状態が...

≫続きを読む

DHTを低減させる手だてと受け皿の量

AGA(男性型脱毛症)の原因物質として、男性ホルモンが5αリダクターゼによって還元されたDHT(ジヒドロテストステロン)が挙げられます。では実際にこのDHTはどのような働きをして脱毛を引き起こすのでしょうか?それを防ぐ手だてはあるのでしょうか? 髪の毛を作り出す元になる細胞である毛乳頭細胞には、DH...

≫続きを読む

生活の改善はAGAの底上げ効果

薄毛や抜け毛、AGAには規則正しい生活習慣と、頭皮マッサージだの、低刺激シャンプー、サプリメントがいいなど、情報が氾濫していますよね。果たしてこれらって、AGAによる抜け毛や薄毛には効果があるのでしょうか?「効果」としては医学的に見て「ない」ようです。生活の改善、シャンプーの変更、マッサージ、これら...

≫続きを読む

健康的な生活でフサフサに?髪に良い生活を送るための5つのポイント

生活を改善して薄毛を予防したいと言われる方も多いので、巷で「髪に良い」とされていることについて特集してみたいと思います。が、医学的にはAGAの改善に以下のものは関係ないとされています。あまり期待せずに気休め程度で行ってみてくださいね。1)禁酒&禁煙多量のアルコールを飲むことで肝臓に負担がかかり、代謝...

≫続きを読む

ストレスの悪循環にはまらないようにしよう!

よく、AGAにはストレスは関係ないとかあるとか、情報が錯綜しているのですが、わたしはAGA自体にはストレスが関係しなくても、発毛自体にはストレスが関わっているのではないかと思っています。AGAの発生機序としては、男性ホルモンの悪玉化がもっとも大きな原因となっています。ですから、プロペシアで対抗するわ...

≫続きを読む

AGAとストレス性脱毛は全く別物

「ストレスで禿る」というのはよく言われる言葉ですよね。実際、ストレス性脱毛というのは存在します。しかし、AGAとこのストレス性脱毛は全く別物です。ですから、AGAとストレスとは直接の因果関係はないのですが、AGAは未だその原因が良く分かっていない部分も多く、その原因の一つにストレスもあるのではないか...

≫続きを読む

そのカラーリング、意外な影響があるかも!?

AGA(男性型脱毛症)と関係があるかはわかりませんが、頭皮の普段の手入れや、いかに頭皮への悪い影響を避けるか という事も大事だと思います。例えばある美容師さんに聞いた話ですが、髪の毛の色を染めたり、脱色をするには薬品を使いますよね?その薬品を、なるべく地肌につかない様に塗るとします。それでも髪の毛を...

≫続きを読む

髪のために、酒と煙草は少しずつ減らして行こう

健康な頭髪を作るためには、喫煙は良くない、と言う事を耳にします。これは、喫煙によって血管が収縮して、血流が悪くなり、それが頭皮にも影響を及ぼすからだと思っていました。しかし、影響はそれだけではないらしいのです。しかも、喫煙と抜け毛、薄毛の因果関係は説明がつくと言う事です。喫煙習慣がある人は、体内の抗...

≫続きを読む

生活習慣を改善してもAGA進行を止めるのはムダなの?

薄毛を回復させたり育毛するには生活改善が必要だとか、シャンプーや頭皮のマッサージをすべきだと昔から言われてきました。頭皮や髪の良いとされる健康食品や育毛剤も山のように売られています。夜中に髪が成長するとか、納豆や黒い食材が髪に良いとか、タンパク質を摂取した方がよい、油ものを避けなさいなどと言われたり...

≫続きを読む

ストレスでAGA進行が加速する恐怖

あなたは今、ストレスを抱えていますか?仕事?それとも恋人や親、友人などの人間関係?現代人は本当に多くのストレスを抱えていると言われています。ストレスフルな毎日の中で仕事に追われ、ロクにストレス発散する機会が無い!という方も多い事でしょう。そういった方には非常に酷なのですが、抱えているストレスによって...

≫続きを読む

完治はできなくとも当面の「維持」はできる

AGAの特効薬はプロペシア!と言われますが、この特効薬でAGAは「治る」のでしょうか?抜けてしまった毛は、いつか全て生え揃うのでしょうか?? 残念ながら、「完治」は期待できません。通っている皮膚科やクリニックの医者に「完治しますか?」と聞いたらおそらく「増えるとはいえない」と言うでしょう。それは的を...

≫続きを読む

皮脂の原因からドライヤーのかけ方まで:「抜け毛対策大研究」

自分の頭はAGAなんじゃないかそう疑ったらまず今の時代、インターネットで検索をかけますよね。AGAになる仕組みから、AGAに効く薬まで、様々な情報が溢れています。そんな中で、「抜け毛対策大研究」というサイトがあります。このサイトは、抜け毛には必ず原因があって、それに対する対策があるんだよと言う事を教...

≫続きを読む

AGAについて詳しく掲載しているサイト集

AGAを疑って皮膚科を受診したら、問診だけで、ぽいっとプロペシアの処方箋を出されて終わり、なんて事はありませんか?そうした時、情報が欲しいと思いませんか?プロペシアってどうして効くの?とか、本当に効くの?とか、本当に自分はAGAなの?など、疑問は次々と沸いてきますよねわたしもそうでして、医者に行くと...

≫続きを読む

体毛が濃いのに髪が薄い・・・そんな方はAGAかも

AGAは5αリダクターゼという酵素がジヒドロテストロンを作り出す事によって引き起こされる病気です。ですから、AGAを予防・治療するためには5αリダクターゼという厄介者について知っておく必要があります。5αリダクターゼには2種類あり、T型5αリダクターゼとU型5αリダクターゼに分かれます。どちらが体の...

≫続きを読む

生え際が気になりだしたら行動開始

AGA(男性型脱毛症)の兆候は、思春期以降の成人男性に見られるものですが、顕著になってくるのは30代、40代ではないでしょうか。特に頭髪の前頭部生え際や頭頂部にその症状が現れてくる方が多いはず。AGAの脱毛は放っておけば確実に進行します。症状が気になりだしたらなるべく早く受診し、治療をスタートさせる...

≫続きを読む

二割の軟毛化でAGAと判断できる

自分の薄毛はAGAなのかどうか、気になる所です。例えば病院に行ったら、あなたはAGAですよ、という明確な基準ってあるんでしょうか?「薄毛が気になる部分の中で、約二割に軟毛化が認められたらAGA」という基準があるそうです。その基準が曖昧だったら病院に行く気は起きませんが、きちんと基準があるんですね。そ...

≫続きを読む

毛母細胞の分裂回数には限りがあるから、対策は回数ロスの少ないうちに!

髪が成長するのは、『毛根』にある『毛母細胞』が分裂を繰り返すことによるものです。この『毛母細胞』の分裂には寿命があって、40〜50回分裂するとお終いなのだそうです。この数字だけを見ると40歳にはみんな薄毛になってしまいそうですが通常、細胞分裂は2〜6年に1回行われるのだそうです。1回の細胞分裂で最低...

≫続きを読む

髪が生き残っているうちが勝負!

AGAという病気はある日突然起こるものではありません。いきなりごそっと髪の毛が抜け落ちるのではなく、長い年月をかけて髪が細く弱弱しくなり、抜け落ち、気付けば髪の本数が少なくなり、「薄くなったな〜」というレベルになってしまうのです。ですから、家族に髪の薄い人がいたり、髭や体毛が濃く男性ホルモンが多いタ...

≫続きを読む

ストレスは髪にも届いて悪影響

う゛ぅ〜〜〜AGAのことが知りたくて毎日あれやこれやと読んでいるうちに頭の中がこんがらがって、抜けなくていい毛まで抜けてしまいそうだぁああ。・・・と、鏡を見て・・・ぅわっ!生え際真っ白・・・こ、これはまさしくストレスの影響?ストレスって、はっきりとはわからないものの、なんとなくそれっぽいものを感じる...

≫続きを読む

焦らなくても大丈夫! 10代の薄毛

・まわりの同年代の男性に比べ「薄い」のではないか・頭髪が気になって気になって他のことに集中できない・街を歩いていても髪ばかり見てしまう・風の強い日は外出したくない・育毛剤のCMや「ハゲ」という言葉にやたらと敏感になった……等々、10代は薄毛に対しとりわけ敏感な世代。毎日鏡を見ては頭髪のチェック。自分...

≫続きを読む

切迫している?未成年からのAGA対策。。

ハゲは遺伝する、と昔から言われていますが、これは本当の事らしいですよ。父親だけがハゲていたら半分の確率で、母親もハゲていたら七割の確率で、ハゲは遺伝するとの事。ハゲ一家に生まれると、若いうちからハゲの影に怯える事になります。でも、ハゲる事が分かっていると、逆にハゲセンサーが働いて、少しでもハゲてきた...

≫続きを読む