HARG治療の最前線!

知っておくべきAGAの始まりと兆候

..... ..... ..... ..... .....
> > > >
> > > > > > > >
>

 

 

 

「薄毛は病気だ。」とか 「薄毛なら医者へ」とか って、自分も行った方がいいのかな?

 

もともと髪が細くて、ボリュームがないから 薄毛と言えば薄毛なのだけど・・・
お医者さんで診てもらうべき?

 

もともとの髪質が細くて薄いのは、
生まれ持った体質であって病気ではないので お医者さんへ行く必要はありません。

 

俗に“薄毛”と言われているのは 『AGA』と呼ばれる『男性型脱毛症』の症状ですが、
年齢とともに徐々に頭髪が薄くなるのが特徴です。

 

ですからAGAであるかを判断するには、
過去と比べて現在がどうであるかの変化を確認する必要があるのです。

 

しかし、厄介なことにAGAの症状は極めてゆっくり進行するために、
その変化には気づきにくく、確認するのも困難なのです。

 

自分のことは毎日鏡で見ているから、
なおさら ちょっとした変化には気づきにくいですよね。

 

久しぶりに会った友達に 「あれっ?何かあった?」
なんて言われて初めて気づくのかもしれませんが、
そんな気づき方はいちばんショックです。

 

困難とは言え自分で確認する方法がないわけではありません。

 

初期症状として先ず現れるのは髪の軟毛化で、
頭頂部や前頭部の髪が細く短くなってきます。

 

『DHT』という“脱毛ホルモン”による影響なのですが、
本来は何年もかけて太く長く成長するはずの毛が、
細く短いうちに成長途中で抜け落ちてしまい、
『DHT』の影響を受けている部分には 細く短い毛しか育たなくなってしまうのです。

 

AGAの典型的なパターンとして、
側頭部や後頭部にはその症状が出にくいという特徴もあります。

 

ですから、頭頂部や前頭部の髪が、 側頭部や後頭部と比べて細く、
柔らかく、 ボリュームがなくなってきていると感じたり、
その傾向が確認できれば AGAである可能性が高いということになるでしょう。

 

AGAを気にするあまり、 頭のてっぺんにあるつむじを
AGAの初期症状と勘違いしてしまう人も少なくないようです。

 

つむじ周辺は薄毛になりやすい個所ではありますが、
 つむじ自体はAGAの症状ではありません。

 

AGAが心配なら、 側頭部や後頭部の毛と頭頂部や
前頭部の毛の 太さやボリュームを比べてみるのが
判断材料としては確実と言えるかもしれません。

 

(他のカテゴリ)

あなたは当てはまる?知っているようで知らない“AGAの特徴”

AGAとは “AndroGenetic Alopecia” の頭文字をとった略称です。AGAという言葉は、製薬会社の印象的なテレビCMなどで一度は耳にされたことがあるのではないでしょうか。日本語ではAGAを「男性型脱毛症」や「壮年性脱毛症」と呼びます。「男性型脱毛症」と言うと全てのハゲや抜け毛の症状...

≫続きを読む

焦らず悩まず、まず経過観察を!

最近やたらと薄毛治療に関する宣伝が多いから、気にしていなくても気になっちゃいますよね。「薄毛を感じたら早めの受診を」って言われても、そもそも薄毛の始まりって?「最近抜け毛が多い」とか、「抜け毛が細い気がする」からと言って受診をしても、診断は難しいそうです。抜け毛が多いと感じても、AGA以外の要因で一...

≫続きを読む

AGAの初期症状を見落とさないで!

男性なら自分が将来ふさふさの髪を維持していられるかどうか気がかりな方いらっしゃるのではないでしょうか。しかし、洗面所や風呂場の排水溝にどっさりと溜まる髪の毛や枕に毎朝抜け落ちている髪の毛を見て、「季節的なものだろう・・・」などと軽く考えたり、ついつい見て見ぬフリをしていらっしゃる方も多いのではないで...

≫続きを読む

誤解していませんか?AGAの真実 Q&A

AGAという名称だけが独り歩きしてしまい「ハゲ=AGA」と誤解されていることが多いようです。が、AGA(男性型脱毛症)は、「男性ホルモンによる男性の脱毛症」を指す名称です。つまり、男性ホルモンが影響していない円形脱毛症や皮膚疾患による脱毛、薬剤の副作用による脱毛、女性の薄毛などはAGAではありません...

≫続きを読む

ヘアサイクル:通常の脱毛とAGAの脱毛

髪は、伸びては抜け落ちてまた生えるということを繰り返しているのは誰もが知っていることでしょう。自分の抜け落ちた髪を見て「脱毛している!」と驚く人はいないと思います。髪は『毛根』の中にある『毛母細胞』が細胞分裂を繰り返すことにより成長します。『毛母細胞』の細胞分裂が止まると髪が抜け落ち、また新たに細胞...

≫続きを読む

見たくないものを見ることから治療は始まります

どのような病気であれ、早期発見というのは非常に重要です。それはAGAでも同じ事が言えます。AGAは特に、初期のうちに治療を開始できれば、効果もあがりやすいという統計も出ており、早期に発見する事はとても大事なのです。では、AGAの初期症状とは具体的にどのようなものなのでしょうか?まず、「何となく髪が薄...

≫続きを読む

AGAは進行性の脱毛症

AGA、男性型脱毛症とは男性ホルモンから来る脱毛のこと。前頭部髪の生え際や頭頂部から、徐々に薄くなっていきます。厄介なのは、そのまま放っておくと、進行してしまう点にあります。■年に15%の減少進行の度合いはゆっくりで、年間15%程度しか髪は減少しません。それでも何もせず放置しておけば確実に減っていく...

≫続きを読む

髪の軟毛化はAGAの初期症状

頭頂部や前頭部の生え際の髪が、細く、弱々しくなってきたら……。それは、AGA、男性型脱毛症かもしれません。AGA(男性型脱毛症)は男性ホルモンによる遺伝型の脱毛で、主に生え際の後退、頭頂部の薄毛から進行すると言われています。それらの部位の髪がいきなりごっそりと抜け落ちてしまうのではなく、最初はなんと...

≫続きを読む

初期症状を早めに把握し抜け毛ストップ

AGAって、何歳ぐらいから始まると思いますか?テレビのコマーシャルでは「30代の抜け毛や薄毛」と言っているぐらいですから、30代なのでしょうか?いいえ、そんなに甘い物ではありません。AGAの始まりは、目には見えない程度から始まります。いや、人によっては若いうちから目に見えて分かるかもしれません。 A...

≫続きを読む