HARG療法

AGAが医療費控除の対象になるかは飲んでいる薬がカギです

..... ..... ..... ..... .....
> > > >
> > > > > > > >
>



<特集記事>HARG療法、毛髪再生で行くべき病院クリニック全国一覧

 

 

 

ご自身がAGAであると知った日から、
生活習慣や食習慣の改善、シャンプー選び、
ストレスを溜めないなど、あらゆる努力をされる事と思います。

 

しかし、そうした努力をしてもなかなか状況が改善されない
場合はやむなく医療機関で診察を受け治療をスタートする
でしょう。

 

そうなるとお金の問題が出てきます

 

例えば医師から処方された薬が保険適用対象外だった場合、
医療費全体が保険対象外となってしまいます
保険が使えず、全額を自腹で支払う事になりますから、
一般的な医療費に比べてAGA治療は高額となることが多いの
です。

 

この事から医療機関に頼らず自力でAGA対策をしようと考える
方も少なくないと思います。

 

「一度抜け落ちてしまった自分の髪が、また元通りになる
なんて信じられない!」

 

元通りになるかも分からないのに、医者に診せて高額な
治療費もかかるなんて、本当に意味があるのか?」
・・・そういった考えに至る方もいるかもしれませんね。

 

しかし、AGAが進んでいる場合はやはり医療機関での治療が
望ましいでしょう
医療機関ならば、細かな検査を受け、一人一人に合った治療が
受けられます
薬を使えば、明らかな効果が数か月で出る事もあるのです。

 

それならばせめて、医療費控除で何とか高額な治療費の一部
でも取り戻したいですよね。
医療費控除というのは、医師による診療・治療の対価、医薬品
の購入の対価が対象です。
AGAも確かに医療機関での診察・治療にあたりますから、
控除を受けられると思う方もいらっしゃるかもしれません。

 

しかし、医療費控除の対象外となる費用もあることに注意しな
ければいけません。
容姿を美化したり容貌を変えるために支払った医療費は対象外
となるのです。
AGA治療はこれにあたる為、残念ながら原則的に医療費控除の
対象とはなりません

 

しかし、治療薬が薬事法で定められた医薬品で、それを医師が
処方した場合は対象となります。
重要なのは「治療目的」かどうかということです。

 

対象かそうでないかというのは、税務署の判断次第という
事ですので、諦めずに一度相談に行かれる事をおススメします。

医療費控除の対象になる?記事一覧

プロペシアって書いちゃうとAGA医療控除がダメになる?

 現在わたしはAGAの治療費が、月に1万円程かかっています。これが一年間まとまると12万円ですよね。もし、AGAの治療が医療費控除の対象になるのなら、たしか一世帯あたりの医療費が10万円を超えた場合に控除の申請対象になるはずですから、医療費控除の対象となりますよね。 ただ、AGAの治療費や薬の処方、...

≫続きを読む

治療費が返ってくる裏ワザ?!AGA治療と医療費控除

AGAの治療には診察代や薬代の負担が大きいものですよね。年間にすれば10万円を軽く超える方もおられるのではないでしょうか。できるのであれば、少しでも治療費を抑えたいのが本音ですよね。そんな方に医療費の負担を少しでも抑えられる耳寄りな情報があります。それが「医療費控除」です。医療費控除とは、1年間に一...

≫続きを読む

えっ!プロペシアで医療費控除が受けられたって?

確定申告の季節到来です。電卓片手に診察代の領収書、10万円に届くかな・・・?医療費控除は病院で支払った費用だけでなく、治療のための通院にかかるマイカー以外の交通費、薬局で買った薬代なども控除の対象になります。美容や健康維持目的のものは控除の対象になりません。例えば、何かの病気が見つかって、その治療の...

≫続きを読む