ノンシリコンシャンプー

ノンシリコンがうたわれていても、間違った製品選びしないために

ノンシリコンシャンプーと一言で言っても、色々なものが流通しています。
「シリコンは不使用=良い物である」という考え方は少々危険です。
と言いますのも、シリコンの代用品として使用されているものが、
シリコンと同様の働きをすることがあるからです。

 

“ノンシリコン”がうたわれていても、
間違った製品選びをしてしまわない目を養いたいものですね。

 

 

・コンディショニング効果が高く得られるもの

 

ホホバオイル・コラーゲン・植物性エキスなどが成分として挙げられている
シャンプーはコンディションニング効果が高いものとなっています。
ノンシリコンシャンプーを使った時に感じられる「髪のきしみ」などを
軽減してくれる役割をもっているのです。

 

・コポリマー

 

シリコン不使用の代わりに、コポリマーが入っている商品には気を付けた方がいいでしょう。
なぜなら、コポリマーはシリコンと同じ働きがあるのです。
シリコンと同じ様に、髪を強力にコーティングしてしまうため、
髪自身の呼吸や栄養を吸収する力を悪くしてしまいます。
そうなると継続して使うことにより、髪がやせ細ってしまう場合がでてきます。
またコポリマーが蓄積すると髪の手触りが悪くなることもあります。

 

・コーティング剤

 

コポリマー同様、シリコンと同じ働きをしてしまう
コーティング剤が利用されていることが見受けられます。
成分の表示として
「アミノ変性シリコン」「ポリマーグァーヒドロキシプロピルトリモニウム」
「ジメチルポリシロキサン」「ポリクオタニウム」
「界面活性剤クオタニウム」「セトリオニウムクロリド」
などと表記されていますので、注意してご覧になってみて下さい。

 

 

・アミノ酸系シャンプー

 

ノンシリコンの商品の中でも値段が高いものが販売されていることにお気づきですか。
それはアミノ酸系の商品です。
値段が高い分、美容師さんなど専門家の間でも評判が良く、
安心して利用することができる製品が多く揃っているのが嬉しいですね。

 

髪への刺激が極力抑えられ、保湿力が高いのが主な特徴です。
身近にあるドラッグストアでも入手できるので、一度手にとって確かめてみましょう。
(「アミノ酸系シャンプー」との表記がしてあれば大丈夫です)

きしまないノンシリコン