ノンシリコンシャンプー

実は、シリコンよりも問題が大きい洗浄剤とは?

シャンプーに入っている「シリコン」が悪者であるかのように言われますが、
シリコンといっても色々なものが存在します。
それをひとまとめにして「悪いもの」とするには、少し問題がありませんか?

 

自分なりにシリコンについて勉強をして、
自分に合ったもの・納得できるものを上手に選びたいものです。

 

まず知っておきたいのは「石油系界面活性剤」の事です。
ネットで検索すると恐ろしい記述が多く出てきますので
驚いてしまう方が多いでしょう。
恐ろしく危険な物質が日常使っている物に含まれていると思うと、
だれでも恐怖を感じてしまいます。

 

石油系界面活性剤が使われているシャンプーを使うと、
髪を傷める・コーティング力の強さゆえに髪自体が受けているダメージが
分からなくなってしまうといった症状が表れます。
加えてキューティクルが剥がれる、なんてことや
発ガン性の疑いのあるものも存在するのです。

 

シャンプーに使われているシリコンというのは
保護剤としての重要な役割を担っているのです。
シリコン自体は無害とされていますが・・・
質の悪いものが使われているとなると、
利用者にとっていいとは言えなくなってしまいますね。

 

シリコンよりも問題が大きいのは洗浄剤だ、という意見も見受けられます。
原材料の欄に「ラウレス硫酸○○」「ラウリル硫酸○○」という記述が
されているものに関しては避けた方がいいとされています。
(含有量が多いものほど先に書くようになっていますので、
後ろの方に記述されているなら安心です)

 

シャンプーに使われる指定成分というものがありますが、
旧指定成分の洗浄力が強力な成分には気をつけてください。
人体に有害(発ガン性の物質など)と言われている物が入っている場合があるのです。

 

最近は様々な研究・開発が行われているので、
さほど危険なシリコンを使っている製品は減ってきています。

 

質のいいシャンプーには「水溶性シリコン」が使われています。
水溶性シリコンは髪全体ではなく、髪を網目状に覆ってくれるので、
従来のシリコンに比べ髪のベタつきが軽減され、
皮膚への影響も少なくて済むという利点があるのです。
頭皮の皮膚呼吸を邪魔することがないため、
肌へのトラブルや髪への影響も少なくて済むのです。

 

きしまないノンシリコン