ノンシリコンシャンプー

勘違いしないで!シリコン入りシャンプーだって、よい点があるわ!!

ノンシリコンシャンプーへの注目度が上昇中です。
同時に、これまで当たり前に使ってきたシリコンの含まれている
シャンプーが悪いものであるかのように思った方はいませんか?

 

長年にわたり、シャンプーにはシリコンが使われてきました。
それには、それなりの理由があるためです。
今になって悪者扱いされてしまっているシリコン入りシャンプー。
ノンシリコンシャンプーに対してだけじゃなく、シリコンが
使われているシャンプーに対しても理解を深めてみましょう。

 

シリコンの入ったシャンプーの良い点

 

シリコンの入ったシャンプーを使うと、使い始めが良いと感じられます。
同時に、髪に艶が出て指通りや手触りが滑らかになる利点が出てきます。
それによって髪同士がこすれて発生する摩擦が減り、髪を守ることになるのです

 

シリコンの入ったシャンプーの悪い点

 

シャンプーを終えた後、十分なすすぎを行わない場合、毛穴にシリコンが残ってしまいます。
毛穴がシリコンで詰まるという事は、それがカユミや抜け毛、その他症状の原因になるという事です。
時折「シャンプーを変えたら抜け毛が増えた感じがする」という方がおられるますが・・・
それはシャンプーに含まれたシリコンの影響を強く受けた可能性が大きいですね。
この問題はすすぎをしっかりと行うことで症状は改善されます。

 

シリコンには髪をコートするという大切な役割があります。
コート力が強い場合、髪にトリートメント剤の栄養が入り込みにくい状態になります。
また、髪が傷んだままコーティングされてしまうこともあり、
ダメージヘアの改善に多大な時間がかかることになります。

 

シャンプーをするたびに髪の表面がシリコンでコーティングされるため、
髪質として髪が硬く感じるという場合もあり得ます。
ハリやコシを強化したい人には良いのですが、
柔らかさを求めている人にとっては逆効果とも言えますね。

 

 

いかがですか。
「シリコンの入ったシャンプー=悪いもの」とは
必ずしも言い切ることは不可能です。

 

最近は色々な技術が向上しており、シリコンが入っていても柔らかな感触,
手触りを実現できるタイプのシャンプーも開発・発売されています。
ご自身に合う物を選ぶ、という事が大切なのですね。

 

きしまないノンシリコン