ノンシリコンシャンプー

どうしてシリコンは良くないの?

お手持ちのシャンプーボトルの裏、成分表記のところに小さな字で、
○○メチコン、って書いてありませんか?
ジメチコン、シクロメチコン、あるいはシリカ、シリル、シロキ、シラン。
こういった名前があったらそれは「シリコン」といわれるものです。
シリコンは市販のシャンプーのほぼ全部に入っています。

 

ところがこのシリコン、最近は悪者扱いされることが多く、シリコンをあえて入れていない
ノンシリコンシャンプーの登場で、すっかり悪役ぶりが定着してしまいました。
ここではその「悪」といわれる原因を見ていきたいと思います。

 

■シリコンは表面を覆う膜

 

そもそもシリコンは、化粧品やハンドクリームにも使われていて、
肌をなめらかに包み込み保護してくれるもの。
髪に対しても同様。1本1本に吸着することで髪を摩擦から守り、
手触りの良さやツヤ、なめらかさを与えてくれているのです。
いわば表面を覆う膜のようなもの。それ自体は無害です。

 

しかし市販のシャンプーに入っているシリコンは安価なため、
なかなか水に溶け出されない性質をもっています。
そのため毎日の洗髪で少しずつ溜まっていき、
髪自体が硬くなったりべたついたりするのです。
しかも溜まったシリコンは地肌にもこびりついて、
かゆみや抜け毛の原因となったりもするのです。

 

■シリコンの性質がかえってアダに

 

膜を張ったみたいに表面を覆ってしまう性質は、透明なバリアーとなって
紫外線やホコリを弾き返してくれるのはいいのですが、
トリートメントやパーマ、カラーも同様バリアーに阻まれてしまい、
内部まで浸透しにくいのです

 

またダメージを受けた髪もそのままの状態で覆ってしまうために、
内側から補修してやることができません。
かといってシリコンには髪質を治す力はないのです。
さらにその性質上、髪や地肌の自然な呼吸も妨げていると言われているのです。

 

このようなデメリットが、シリコンの持つ人工的なイメージに加わったので 
悪役が決定づけられた、といえるのではないでしょうか。

きしまないノンシリコン