白髪染め

自宅でもできるようになったヘナ染めの良いとこ悪いとこ

白髪染めの中でもメジャーになりつつある、ヘナによる白髪染め
天然の草木を原料としている色素を使っているので、
髪にも、頭皮にも優しいので、リピーターもかなりいるとの事。

 

ヘナは、白髪を染めると黒ではなくオレンジ色に近い色になります。
しかし、髪の中の数割しかない白髪であれば、オレンジ色に染まっていれば、
他に髪に紛れてしまってほとんど目立たなくなります。
白髪の量が多い場合には、ヘナはあまり向かないかもしれませんね。

 

ヘナ染めは身体に害がないという部分がとても嬉しいですが、
欠点もいくつかあります。
まずは草木の匂いがする事。
これは苦手な人はとことん苦手だと言われています。
わたしはそうでもないのですが。

 

しかも、放置時間が長い!
某通販サイトで売られているヘナの染色剤では、
2時間から3時間放置してから流す事になっているとか。
もし匂いが苦手な人だったら、これは苦痛ですね。
ずっと匂いを嗅いでいるわけですから。

 

それと、色落ちをします。これは美容院で染めても同じです。
髪色が退色するのではなく、髪や頭皮に付いた余分なヘナが、
時間をかけて落ちてくるようです。
わたしは染めたその日に、髪をしっかり洗って寝たはずなのに、
枕に敷いたタオルに色移りしていました。
それでも、天然の成分なので肌についても安心というところが、
ヘナの良い所ではあります。

 

何と言っても髪が痛まない、
逆に髪のコンディションを良くする働きがあるのがヘナの特徴です。

 

頭皮にも髪にも良い成分が含まれているので、今ある髪も、
そしてこれから伸びてくる髪も健康になります。
くせ毛が落ち着いたなんて言う人もいるぐらいです。
わたしの場合は、もともとくせ毛ではありませんが、
髪が輝いているような、そんな仕上がりに大満足でした。

 

以前までは美容院でしか染める事ができなかったヘナですが、
現在では自宅でも簡単に染められるヘナヘアカラーが売られています。
しかし、天然原料100%のものばかりではないようですので、
注意書きをよく読んで、パッチテストなど必要な事をしてから、
髪染めをするようにしましょう。

 

白髪染めの強み別ランキング

 

生え際用の天然ヘアカラー

 

アレルギー用の真っ黒ヘアカラー
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント