白髪染め

美容師も勧める白髪染め!ヘアマニキュアが髪に優しい理由

美容院では白髪を染めるのに『ヘアマニキュア』をすすめられます。
頭皮や髪への負担が少なく、髪が傷みにくいのが理由です。

 

では、スーパーなどで販売されている
『カラーリング剤』とはどんな違いがあるのでしょう?

 

髪は表面がうろこ状のキューティクルに覆われ保護されています。
一般に良く使われている『カラーリング剤』は薬剤に含まれる『アルカリ剤』が
髪の表面を覆って保護しているキューティクルを開くことで染料を髪の
内部に浸透させ、髪の内部で化学反応を起こして発色した染料が
髪の内部に留まることで色がつくという仕組みです。

 

『アルカリ剤』には本来の髪の色を作り出している‘メラニン’を
分解する働きもあります。
『アルカリ剤』はキューティクルを傷つけるばかりでなく、キューティクルを
開くことで髪の水分やケラチンといった栄養分を外へ流出させてしまいます。
髪を染めた後に、髪の傷みやごわつきを感じる原因がこれです。

 

一方『ヘアマニキュア』は、髪の表面を色でコーティングする形です。
『カラーリング剤』では‘アルカリ’によってキューティクルが傷つけられて
しまいますが、『ヘアマニキュア』は髪と同じ‘弱酸性’ですから、
色付けのためにキューティクルを傷つけることはありません。

 

むしろ『ヘアマニキュア』によるコーティングがキューティクルの役目もしてくれるため、
見た目にも艶が出て手触りも良く、ハリやコシが感じられるようになります。
徐々に髪が細くなりハリやコシが落ちているのを感じる白髪世代には特に嬉しい効果ですね。

 

ただやはり、良いことばかりではありません。

 

『カラーリング剤』は髪の内部に色を入れ込んでいるために
色落ちも少なく長持ちしますが、『ヘアマニキュア』は髪の表面に色付けを
しているだけですから、シャンプーの度に色が落ちて長持ちしません。

 

さらに、シャンプーで色落ちするときに『ヘアマニキュア』が
キューティクルを一緒に剥がしてしまいます。ですから結局のところ
キューティクルを傷つけて髪を傷めることになってしまうのです。

 

それでも、化学反応で髪の内部に染料を入れ込む『カラーリング剤』よりは
髪への負担は軽いと言えますね。

 

ヘアマニキュアの場合だと、マスカラのようにその日だけ一部分をコーティングして
白髪を目立たなくして、髪を洗ったら落ちるタイプのものもあります。
とても便利ですが、少ない量しか入っていないのに金額が高いということで
割高となってしまうようで、やはり全体を染めるタイプの方が支持されているようです。

 

白髪染めの強み別ランキング

 

生え際用の天然ヘアカラー

 

アレルギー用の真っ黒ヘアカラー
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント