白髪染め

白髪染めの種類と選び方記事一覧

白髪を染める方法は、まず白髪の量で選択

ドラッグストアの棚に並ぶ、髪染めの数々。つやつやの髪をなびかせる女性の写真とともに「ヘアカラー」「ヘアマニキュア」「白髪染め」の言葉が並びます。ここで考えてしまうのが白髪を染めるためにはどれを使う事が一番望ましいのか?という事です。実は、白髪の本数によって、選択するべき染料が変わってきます。ヘアマニ...

≫続きを読む

白髪染めって種類がいっぱい。何がどう違うの?

鏡を見ていて白髪が気になった時、美容師さんに相談しますか?それとも、ドラッグストアに行って髪染めの商品が並んでいるところで色々な商品を手にとってみますか?ドラッグストアに出かけられた方なら誰でも経験があると思うのですが・・・商品の種類が多すぎてどれを選べば良いのか、分からなくなりますね。一体、何がど...

≫続きを読む

髪染め用語がたくさん!自分に合う髪染め方法は?

わたしはまだ30代前半なのですが、20代の頃から白髪がちらほら出ていました。今では髪をかき分けると必ず白髪にぶつかる程度まで、本数が増えてきていて困っています。目立たなくなるように白髪を染めてみようかな、と思っているのですが、白髪染め、ヘアカラー、おしゃれ染め、ヘアダイ、色々な言葉があって、一体どれ...

≫続きを読む

ドラッグストアで自分に合った白髪染めを選ぶためのポイント

ドラッグストアのヘアカラーの棚には、自分で染められる白髪染めがずらっと並んでいますよね。各社さまざまなカラーバリエーションの白髪染めを発売していて、一見すると白髪染めとは分からないパッケージになっています。わたしは買う時に「白髪染め」の言葉があるかどうか確認するようにしています。わたしは価格面を考慮...

≫続きを読む

『アルカリカラー』と『無添加白髪染めトリートメント』の違いと特徴

白髪染めには、大きく分けて『アルカリカラー』と『無添加白髪染めトリートメント』という2つのタイプがあります。2つの違いと特徴を紹介します。●アルカリカラー<特徴>‘アルカリ’の力で表面のキューティクルを開いて中に染料を入れ込むと同時にメラニンを壊して髪を脱色させ髪に色をつけています。一度髪の中に入っ...

≫続きを読む

トリートメントタイプの白髪染め:シャンプー前タイプ

トリートメントタイプの『白髪染め』には、シャンプーする前の乾いた髪に使用するタイプとシャンプーした後の濡れた髪に使うタイプとがあります。【シャンプー前に使うタイプ】[使用方]1.白髪部分に専用の櫛で塗る。2.ヘアキャップまたはラップを被って15分〜20分程度放置する。3.よく洗い流す。[良いと思うこ...

≫続きを読む

自分で?美容院で?白髪染めの種類―あなたはどれを選ぶ?

私のまわりの友人たちはほとんど、白髪染めをしている年代です。彼女たちに実際に統計を取ってみた訳ではないのですが私が聞いたり、見たりした感じだと、まず、かなりの人が美容院で白髪染めをしてもらっているように思います。やはり、美容院で染めるのがお金はかかるけれども、一番キレイに染まるからでしょうね。それに...

≫続きを読む

あなたに合った白髪染めを選ぶための3つの選択肢

白髪染めをしようと思ったら1)とにかく美容院に駆け込む。2)自分でヘアカラーで染める。3)すぐには染まらなくても髪や地肌のために良さそうなものを探す。などがあるのではないでしょうか。1)とにかく美容院に駆け込む。美容院で染めるのが、値段や時間に制限が無ければ綺麗に出来て良いでしょうけれど、これは余裕...

≫続きを読む

たくさんの種類がある白髪染め商品。安心して使えるものはどれ?

美容室で行う白髪染めはしっかりと染まりますが、ドラッグストアや通販でもたくさんの種類の白髪染めが販売されています。初心者でも安心して使える白髪染めには、どのようなものがあるのでしょうか。【利尻昆布】昆布や海藻類は、食事として摂取しても髪に良いとされていますが、利尻昆布から抽出したエキスを利用した白髪...

≫続きを読む

白髪だっておしゃれに染めたい!進化を続ける女性の白髪染め

白髪は気にならなければ、そのままでも良いとは思います。でも、やはりちょっと老けたイメージになってしまうのもまた事実。身だしなみに日ごろから敏感な女性なら尚更そうでしょう。まだ白髪が数本という状態ですとつい抜いてしまいたくなりますが、これをやってしまうと毛根を傷つけてしまうのでやらない方が良いですね。...

≫続きを読む