白髪染め

白髪を染める方法は、まず白髪の量でで選択

ドラッグストアの棚に並ぶ、髪染めの数々。
つやつやの髪をなびかせる女性の写真とともに
「ヘアカラー」「ヘアマニキュア」「白髪染め」の言葉が並びます。

 

ここで考えてしまうのが
白髪を染めるためにはどれを使う事が一番望ましいのか?
という事です。

 

実は、白髪の本数によって、選択するべき染料が変わってきます。

 

ヘアマニキュアは、髪の毛をタール色素でコーティングする事で
白髪を染める事ができます。
髪の毛をコーティングするだけなので痛みが少ないのですが、
色の持続期間が2週間程度と短いので、
しょっちゅう染めなければならないのが難点です。

 

白髪が少ない場合にはこの方法で染め、
再び白髪が目立って来た頃に染め直すというサイクルにすれば、
髪の痛みを最小限にとどめる事ができます

 

ヘアカラーは、髪の色素を一度抜き、それから染料を髪に入れこむものです
染料にはアルカリ性の成分が含まれている事が多く、
髪の痛みの原因となります。
また、白髪の場合はもともとの色素が薄いですから、
抜き取る色素が少ない分染まりが薄くなります。
例えば黒髪に染めたい場合でも、
茶色にしかそまらないといった事態になります。
ですから、これも白髪の本数が少ない場合に使用する事をお勧めします。
持続期間は2ヶ月から3ヶ月と長く、しょっちゅう染め直す手間が嫌な方は、
この方法を選択すると良いでしょう。

 

白髪染めは、色素が少なくなってしまった髪の毛に対し、
無理矢理色素を入れこむ形になります
染料の力が強いので、肌への刺激が強かったり髪の痛みにも繋がりますが
白髪の量が多い場合はこの方法が最も綺麗に染まるでしょう。
「白髪染め」とうたっている事だけありますね。

 

ヘアカラー、白髪染めは髪をいためやすいという難点はありますが、
これらはトリートメントやドライヤーの正しい使い方などで
痛みを最小限に収める事が可能です。
まずは自分の白髪の量がどれぐらいなのかを把握し、
量に合った染料を使用する事からはじめてみましょう。
そこから生まれる不満があれば、それが解決できる方法を模索すると良いと思います。

 

白髪染めの強み別ランキング

 

生え際用の天然ヘアカラー

 

アレルギー用の真っ黒ヘアカラー
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント