白髪染め

あなたに合った白髪染めを選ぶための3つの選択肢

白髪染めをしようと思ったら

 

1)とにかく美容院に駆け込む。
2)自分でヘアカラーで染める。
3)すぐには染まらなくても髪や地肌のために良さそうなものを探す。

 

などがあるのではないでしょうか。

 

 

1)とにかく美容院に駆け込む。

 

美容院で染めるのが、値段や時間に制限が無ければ
綺麗に出来て良いでしょうけれど、これは余裕のある方でないと
しょっちゅうという訳にはいかないですね。

 

2)自分でヘアカラーで染める

 

私も自力でヘアカラーの白髪染めをする事が多いです。
ただ、シャンプーする前に、被り物は全部脱いで、前開きの洋服で
万一汚れても大丈夫なようにして、やらないといけないので
結構、思い切らないと出来ません。
なので、ついつい忘れてお風呂に入ってしまい、また今日も
出来なかった〜と、一日延ばしになってしまう事も多いです。
また、髪へのダメージ、アレルギーも気になります。

 

3)すぐには染まらなくても髪や地肌のために良さそうなものを探す。

 

ランキングなどで人気の「利尻ヘアカラートリートメント」や
「エフキュア ヘアカラートリートメント」など
シャンプーの後にトリートメントとして使える白髪染めもあるようです。
これだと、お風呂で使えて、素手でも使えるものもあり
ニオイも、穏やかのようです。
また「レフィーネ」のようにシャンプー前に使用するけれども
1剤2剤などを混ぜることも無く、素手で使えて
トリートメント効果もあり、それに色の種類が沢山あるものもあります。

 

ただ、これらは髪の内部から染めるヘアーカラーとは違い
一度で、白髪が全部染まるというものではありません。
何度も使用していくうちに、だんだん自然に染まっていくものです。
そのかわり肌や髪には優しいものがいろいろあるようですから
どの程度の白髪を、どう染めたいのか?によって探してみると良いですね。

 

 

余談ですが、実家の80歳になる母は同窓会に行く前に、
白髪が気になるから!と言ってなんと、黒いマジックで
髪を塗っていて地肌まで、点々と黒くなっていてびっくりしました!

 

まさか、これはオススメできませんが
急いで、目立つところだけを染めたい時には
スプレータイプのものや、マスカラタイプのものもあるにはあります。
ただ、これらは、シャンプーしたら落ちてしまいますので
本当にその日限りですし、案外値段も張ります。
やはり1)〜3)の方法が一番いいのかもしれませんね。

 

白髪染めの強み別ランキング

 

生え際用の天然ヘアカラー

 

アレルギー用の真っ黒ヘアカラー
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント