白髪染め

自分で?美容院で?白髪染めの種類―あなたはどれを選ぶ?

私のまわりの友人たちは
ほとんど、白髪染めをしている年代です。

 

彼女たちに実際に統計を取ってみた訳ではないのですが
私が聞いたり、見たりした感じだと、まず、かなりの人が

 

美容院で白髪染めをしてもらっているように思います。

 

やはり、美容院で染めるのがお金はかかるけれども、
一番キレイに染まるからでしょうね
それに、プロに頼むのだから、そんなに髪は痛まないだろうという
思いもあるのかな。

 

それから、何しろ一番手軽ではありますよね。
座ってるだけで染めてもらえるのですから。

 

多分その次に多いのが、自分で染める人。

 

1剤2剤と混ぜるタイプのヘアカラーでも泡で染めるタイプとか、
コームでとかしながら塗るものやらいろいろなものがあるので
自力でできそうなものを探せば、なんとかそれなりに染めらます。

 

ただお風呂で洗い長そうと思って染めるのならば脱ぎやすい服にするなど、
気をつけないといけないし、自分で見えない後ろや、頭頂部などを
キレイに染めるのが難しい、という点もありますが
自力で染めるのが、お値段的には一番手ごろです

 

そしてその中でも染料にこだわってる、という人もいます。

 

どうしても、ヘアカラーをすると髪の痛みが気になりますから
髪の毛や地肌に負担の軽そうなものを選ぶのです。
それに、肌が弱いとか、アレルギーだとかでヘアカラーをする事で
湿疹がでてしまったり、痒くてダメだったりという場合もあります。

 

一度、そのような事があると次には、
どうやって白髪染めをしようかと思いますものね。
そうすると、ヘナなどの植物性のものを選んでみたり、
染まり具合はイマイチでも頭皮と髪に良さそうなもの
探してみるしかありません。

 

それからヘアカラーの成分のなかには、
発がん性が疑われるものもあるようで、そういう化学物質は
避けるように、気をつけている方もいます。

 

一度では染まらないけれど、シャンプーしながらだんだん染めていくものや
トリートメントのタイプのもの、それに、洗い流さずに一日塗っておけば、
光でだんだん発色して染まってくるものもあります。

 

どのようなタイプで白髪染めをするのか?
自分のこだわりのタイプを、いろいろ探してみるのも良いかもしれません。

 

白髪染めの強み別ランキング

 

生え際用の天然ヘアカラー

 

アレルギー用の真っ黒ヘアカラー
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント