白髪染め

白髪だっておしゃれに染めたい!進化を続ける女性の白髪染め

白髪は気にならなければ、そのままでも良いとは思います。
でも、やはりちょっと老けたイメージになってしまうのもまた事実。
身だしなみに日ごろから敏感な女性なら尚更そうでしょう。

 

まだ白髪が数本という状態ですとつい抜いてしまいたくなりますが、
これをやってしまうと毛根を傷つけてしまうのでやらない方が良いですね。
普通一つの毛根から2〜3本髪の毛が生えていますから、
それらの育成に影響を及ぼします。

 

まだ白髪が少ない状態でしたら短くカットするか、
あるいは最近はマスカラのような形状の手軽な白髪染めもあるので
お化粧ついでにするのもよいですよね。

 

しかし、いよいよ白髪が増えてくると白髪染めをする方が楽...となります。
昔は白髪染めと言うと「黒」しかないというイメージがありませんでしたか?
おそらくそれは、おしゃれ染めと白髪染めの違いによるものだと思います。

 

つまりおしゃれ染めは、元々髪の毛が持っている色素を好みの色まで脱色する
方法であり、白髪染めは色素のなくなった髪を染色するという方法だからです。

 

でも最近の白髪染めは、おしゃれ染め並に色が揃って来ていますので、
昔と違っておしゃれに白髪染めできる時代になりました。

 

自分で白髪染めを買う場合でも、クリームタイプや泡状のタイプなど様々
ありますし、白髪染めのツンとする匂いが苦手という人もいると思いますが、
最近の製品は、その辺も大分改良されて来ているものもありますね。

 

また、日々のトリートメントで徐々に白髪を目立たなくする製品もあります。
少々お高めですが、こちらもある意味手軽と言えば手軽ですね。
頭皮への影響が心配な方は、ヘナという植物の染料も最近は見かけます。

 

勿論美容院でやって貰う場合も、色のリクエストをする事が出来ますし、
美容院によってはヘナのヘアカラーをやっている所も見かけます。
ヘナの場合はオレンジ色に染まるという話もあり、好みもあるようです。

 

今は色々なカラーや方法を選べる時代なので、自分にあった方法で
白髪染めもおしゃれの一つとして楽しみたいものです。

 

白髪染めの強み別ランキング

 

生え際用の天然ヘアカラー

 

アレルギー用の真っ黒ヘアカラー
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント