白髪染め

髪染め用語がたくさん!自分に合う髪染め方法は?

わたしはまだ30代前半なのですが、
20代の頃から白髪がちらほら出ていました。
今では髪をかき分けると必ず白髪にぶつかる程度まで、
本数が増えてきていて困っています。

 

目立たなくなるように白髪を染めてみようかな、と思っているのですが、
白髪染め、ヘアカラー、おしゃれ染め、ヘアダイ、色々な言葉があって、
一体どれを使ったらいいのかよく分からないので、調べてみました。

 

おしゃれ染めというのは、白髪を染めるための物ではないようです。
地毛の色素を少しだけ抜いてあげて、そこに色を入れるのが、おしゃれ染め。
白髪にも色は入りますが、地毛を染めた色とは同じにならないそうです。
と言う事は、白髪の量が多いのにおしゃれ染めをしてしまうと、
やけに明るい茶髪の髪が増えるとか、
グレーの毛がたくさん浮いてしまうような状態になるという事ですね。

 

白髪染めは、白髪にも地毛にも色を入れる事が出来るものです。
ただ、白髪に色を入れるというのはなかなか大変な事で、
白髪染めの染料はおしゃれ染めの染料に比べて、
色が濃いものが使われているそうです。
白髪はしっかりと染まるので浮く事はないですが、
おしゃれ染めと比べて明るい色にする事が難しいんだそうです。

 

ヘアカラーというのは、髪を染める事をひとくくりでいう言葉なので、
おしゃれ染めも白髪染めもヘアカラーの一種という事ですね。

 

ヘアダイという言葉は今はあまり使われないようですが、
白髪染めの事をさすようです。

 

となると、髪を染める手段としては、白髪染めかおしゃれ染め、
このどちらかという事になりますね。
わたしの場合、白髪があるといっても、表面にたくさん出ている訳では
無いですし、新しく生えてきた白髪がなるべく目立たないように、
髪を明るめにしたいと思っているので、おしゃれ染めをしてみようと思います。

 

白髪の分量が全体の1割以上になってくると、
「白髪がある」と認識されるぐらいになるそうなので、
そうなってきたら白髪染めに移行してみようと思います!

 

白髪染めの強み別ランキング

 

生え際用の天然ヘアカラー

 

アレルギー用の真っ黒ヘアカラー
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント