白髪染め

有害物質にアレルギー?危険な白髪染めとは記事一覧

白髪染めでアレルギーに?!ヘアカラー主成分『ジアミン』とは

『ヘアカラー』をどれにしようか迷っていろいろと調べていると、『ジアミン』という言葉がよく出てきます。『ジアミン』とか『ジアミンアレルギー』ってきいたことありますか?私はいまになって初めて知ったのですが、この『ジアミン』、アレルギーのある人にとっては深刻なもののようです。『ジアミン』というのは、『PP...

≫続きを読む

農薬の150倍!白髪染めの毒性から身体を守るために出来る事

白髪染めやヘアカラーって、農薬と比較して150倍も毒性があるなんて、知っていましたか??何気なく使っている白髪染めですが、髪の毛だけではなく、頭皮にも薬液がくっつきますよね。そうすると、毒性をもつ物質が「経皮吸収」と言って、皮膚を通して体内に吸収され、血液中に入ります。経口摂取してからそれが血液に入...

≫続きを読む

ご用心!!!“無添加”“天然”“ナチュラル”にも化学色素が含まれている!

知っていました?カラー剤として最も多く使われている2剤式のカラー剤には重いアレルギーの原因となる‘ジアミン’という成分が含まれていたり、“ジアミンフリー(ジアミンを含まない)”を称するヘアマニキュアには発がんの恐れのある色素が使われているということ!こんな恐ろしい物質を繰り返し頭にたっぷり塗りつけて...

≫続きを読む

かぶれの原因?!白髪用ヘアマニキュアに含まれる「タール色素」とは

先日『白髪用ヘアマニキュア』でかぶれました。『ヘアマニキュア』に含まれる『タール色素』という成分の仕業らしいです。『タール色素』というのは、もともと石炭から作られるコールタールを原料として作られため『タール色素』と呼ばれています。一般に言う『合成着色料』のことで、化粧品や食品や医薬品にも使われていま...

≫続きを読む

面倒だけど実は重要!白髪染めの2日前には『パッチテスト』を!

『ヘアカラー』を使う前に『パッチテスト』していますか?『パッチテスト』というのは、皮膚のアレルギー試験のことを言いますが、薬剤に対して炎症やアレルギー反応が出ないかを調べるためにあらかじめ少量の薬剤を腕の内側に塗って反応を見るものです。『パッチテスト』は『ヘアカラー』を使用する48時間前、つまり2日...

≫続きを読む

白髪染めに含まれる有害物質の害から逃れるにはパッチテストが必要

白髪染めは、髪を黒く染めてくれますが、染めたい髪だけに白髪染めを塗る事はできません。周囲の髪や、または頭皮にも薬液が付着する事は、当たり前の事ですよね。白髪染めを髪全体に行き渡らせるのに15分、そこから20分の放置時間を置いたとしても35分、とても短い時間ですが、頭皮に付着した薬液は、皮膚を通って様...

≫続きを読む

長いおつきあいになる白髪染め、気になる健康への影響は?

毎月のように白髪染めで髪を染めて1年近く経とうとしています。毎回あのツンとする臭いに耐えて、手袋をはめて、肌に付かないように気をつけて、と気を遣う作業です。目の調子が悪いときは、揮発した成分が目にしみるような気もして、これって身体に悪影響がでないのかな、とずっと疑問でした。自分の身体の事ですから、調...

≫続きを読む

白髪染めって体によくないの?トラブルを防ぐにはどうすればいい?

初めて白髪染めをしようと思った時、色々と心配なことが出てきます。どのようなことに気をつけて白髪染めを行えばよいのでしょうか。・肌トラブルを防ぐために白髪染めは肌への刺激が強い薬品を使用しています。そのため、使用前にパッチテストを行いましょう。パッチテストをすることにより、大きなトラブルは避けることが...

≫続きを読む

口コミから見る「ジアミンフリー」「天然由来」の白髪染め

『化学染毛料』の主成分は『ジアミン』と呼ばれる化学染毛料で、それが内蔵に蓄積されて体内の許容量を超えると突然アレルギー反応を起こすようになるのだそうです。美容院で使われるカラーリング剤にもスーパーや薬局で買えるカラーリング剤にも同じく含まれる成分ですが、自宅で簡単に染めることのできるものの方が成分的...

≫続きを読む

ジアミンを含まない優しい白髪染め『ノンジアミンカラー』とは

私たちが使っているほとんどのカラーリング剤は『アルカリカラー』と呼ばれるもので、自宅で染めるものでも美容院で染めるものでも『ジアミン(PPDA:パラフェニレンジアミン)』という化学染料が主成分として含まれています。少量で濃い色が出せたり、微妙な色調が作れるなどヘアカラーとしての利点が多い反面、アレル...

≫続きを読む