白髪染め

ご用心!!!“無添加”“天然”“ナチュラル”にも化学色素が含まれている!

知っていました?

 

カラー剤として最も多く使われている2剤式のカラー剤には
重いアレルギーの原因となる‘ジアミン’という成分が含まれていたり、
 “ジアミンフリー(ジアミンを含まない)”を称するヘアマニキュアには
発がんの恐れのある色素が使われているということ!

 

こんな恐ろしい物質を繰り返し頭にたっぷり塗りつけていたのだなんて
知ったら、2剤式のカラー剤もヘアマニキュアも使い続けるのが怖くなって、
即、“無添加”、“天然”、“ナチュラル”といった表示のある
トリートメントタイプの白髪染めに切り替えました。

 

あれこれネットで調べて通販で購入。
ちょっと値段は高めだけれど、健康のことを思えば
“無添加”、“天然”、“ナチュラル”がいちばん。

 

届くのが待ち遠しくて、わくわくしながら箱を開け、成分表を見て「むむむ・・・?」。
なんだかきいたことのない、見るからに化学っぽい成分が書かれています。

 

“無添加”、“天然”、“ナチュラル”のはずでは?

 

騙された感たっぷりで、ちょっと立腹。
なんと“無添加”の表記にはからくりがあったのです。

 

ざっくり言うと、添加物として表記が義務付けられている成分とそうでない
成分があって、表記が義務付けられていない成分の場合には例えその成分が
“添加”されていても表記の上では“無添加”になるのだそうです。

 

ん〜・・・“無添加”の表示が“違反”ではないというのはわかったけれど、
騙された感はぬぐえずモヤモヤ・・・。
ともあれ結論として、
 
白髪染めに関しては、
“無添加”、“天然”、“ナチュラル”という表示の裏にも
ほとんどの場合化学色素が隠れています。

 

ある程度満足のいく発色や色の定着、使用する上での手軽さなどを
求めるには、化学の力を借りずにはムリなのですね。

 

この“無添加”表示にはなんともしっくりとは納得がいかないのだけれど、
天然成分100%のヘナで染めようと思ったらそれこそ
時間も手間もかかって大変な上に仕上がりもいまいちらしいのです。

 

健康と白髪染めの手間や時間を天秤にかけたとき、
アレルギーだとか敏感肌だとかといった、取り立てて化学成分に対して
弱い体質なわけではないので中間取りということで。
しばらくは、“無難”そうなトリートメントタイプを使ってみようと思います。

 

白髪染めの強み別ランキング

 

生え際用の天然ヘアカラー

 

アレルギー用の真っ黒ヘアカラー
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント