白髪染め

農薬の150倍!白髪染めの毒性から身体を守るために出来る事

白髪染めやヘアカラーって、
農薬と比較して150倍も毒性があるなんて、
知っていましたか??

 

何気なく使っている白髪染めですが、髪の毛だけではなく、
頭皮にも薬液がくっつきますよね。
そうすると、毒性をもつ物質が「経皮吸収」と言って、
皮膚を通して体内に吸収され、血液中に入ります。
経口摂取してからそれが血液に入っていくのと違い、
吸収力が強く、血中濃度が高くなります。

 

農薬よりも毒性が高い物質が、
髪を染める度に身体に入っていく事を考えると、ぞっとしますよね。
経皮吸収により取り込まれた毒性物質は、
低分子の物だと臓器に蓄えられる事もあるそうです。

 

経皮吸収には良い面もあります。
例えば心臓病の発作を起こした場合に使うニトロパッチや、
ぜんそく発作の際に使うパッチなどは、経皮吸収により
効率よく吸収される事で、早急に病状の緩和をしてくれるのです。

 

では、毒素を経皮吸収させずに
白髪を染めるにはどうしたら良いでしょうか?

 

白髪染めやヘアカラーを、頭皮に付かないように髪の毛だけに
塗るというのは、美容師さんの手を使っても至難の技です。

 

だったら、白髪染めやヘアカラー自体を、
毒素の無い物にかえる必要がありますよね。

 

それを可能にするのが、ヘナや利尻昆布のヘアカラーのように、
天然の色素を使った白髪染め・ヘアカラーです。
天然成分を使っているので、身体に悪影響を与えずに、
返って髪を健康にするような作用もあります。

 

しかし、最近美容室などでヘナが流行するようになり、
中には化学的に合成された色素を混入させたヘナを
使っている美容院も存在します。
もし、美容院でヘナ染めをするのであれば、
事前に「100%ヘナ」かどうか確認しましょう。

 

また、通信販売などでヘナを購入する際も、
化学物質が不使用である事を確認してから購入するようにしましょう。

 

さらに、天然物質であっても人によっては
アレルギー反応を起こしたりする事があります。
そうならないために、パッチテストは必ず行うようにしましょう。

 

白髪染めの強み別ランキング

 

生え際用の天然ヘアカラー

 

アレルギー用の真っ黒ヘアカラー
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント