白髪染め

あなたの頭皮は敏感?肌トラブルが起きにくい白髪染めとは

目立ってきた白髪を黒くするにはとりあえずは、
染めてしまうのがとにかく手っ取り早いです。
でも、ヘアカラーは肌にトラブルがあったりアレルギーのある方
だったりすると、湿疹がでたり、痒かったりすることもあります。

 

前、お隣に住んでいた若いママは若白髪が沢山あるけれど
アレルギーで、あんまり染めれないのだと言っていました。
うちの主人も、髪を染めたら湿疹が出てしまって
痒くてしょうがないようでした。

 

主人の場合は、今ではもう染めるのをやめて
すっかり白いままになってしまいましたが
女性の場合は、まだ若いうちから、白髪になっちゃうのは
やっぱり悲しいことですよね。

 

そうすると自分の肌タイプに合った、白髪染めを探すしかありません。
一度では染まらないタイプのものの方が
皮膚や、髪には優しいものが多いようです。

 

シャンプー前にしばらく塗って使用するもの、
シャンプー後に、お風呂でトリートメントのように使えるもの
それに、朝ムースを髪に塗っておいて洗い流さずに、
光に反応してだんだん黒くなってくるものなど
いろいろなタイプのものが販売されているようです。

 

どれが、自分にあっているのかそれは、試してみるしかありませんが
髪や肌に良さそうなものは、お値段もそれなりにする、というのが
難しいところですね。

 

自分も、いろいろ調べてみるとこんなの、使ってみたいかな?というものは
いくつか出てきましたが3000〜5000円くらいするし
よく説明を読んでみると、毎日使うとだんだん黒くなります・・・
つまり毎回使わないと効果が望めそうにない?、みたいなものもあり。
髪の毛が長いと数回で無くなってしまうようなものもあり。

 

続けて使うには、かなりな金額になってしまいそうなものも
結構あるのですよね。

 

では、サプリメントや食べるもので予防する?といっても
それも、そんなに簡単に、すぐに結果が出るものではないですから
どの程度で予算と、結果の折り合いをつけるか、というところかもしれません。

 

白髪染めの強み別ランキング

 

生え際用の天然ヘアカラー

 

アレルギー用の真っ黒ヘアカラー
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント