白髪染め

染めるだけで5歳若返る?!白髪染めで若さをキープするには

女性のうち約65%の方が白髪についての悩みを持っている
という結果が出ています。
病気でもなく、体に痛みもありませんが・・・何故でしょうか?

 

それは「見た目年齢」にあります。
同じ年齢の女性が2人並んでいても、白髪の多い人とそうでない人は
なんと実年齢で5歳も違って見えてしまうんです。

 

多くの女性は30代後半から白髪による悩みを抱え始めます。
そして、白髪に悩む多くの女性が、「白髪染め」を行います。

 

どうやって?
美容院?それとも自分で染める?

 

楽してきれいに染め上げるには美容院で染めるのが一番です。
ただ…なかなか時間もお金もかかりますから、
正直言ってマメに通うのは難しいですよね。

 

自分で染めるなら、やっぱり市販のもの?
今やドラッグストアでは数多くの種類・カラーバリエーションも豊富な
白髪染めが販売されており、1000円前後で入手できるようになっています。

 

でも、自宅でそのような市販薬を使って白髪染めをすると、
髪や地肌が傷んでしまったり・・・といったことが起こってきます。
さらに染めている間には、息を吸うのをためらいたくなるほど、
ツンとした刺激臭がしますし、浴室や洗面所にもその臭いが残ります。

 

じゃあその他の白髪染めって…?
実は白髪染めにも色々あり、薬剤にも色々な工夫がされています。
髪の痛みを最小限にするためにトリートメント剤が多く含まれた
ヘアカラートリートメントがその代表ですね。

 

また、ヘアマニキュアタイプのものもあります。
ヘアマニキュアだとそれほど髪の傷みも気になりませんし、
外出前に目立った白髪を隠すことができる、コーム(櫛)の付いた
部分染めタイプだと、気になったときにすぐに使えて便利ですね。

 

美容院でのカラーリングを行う間の数ヶ月、白髪が気になってきたら、
そのまま放置しておかず何らかの対処をする事をオススメします。
例えば、部分染めやヘアマニキュアタイプのものを上手に使って
白髪を目立たなくするとか、トリートメントタイプのものを日々使用して
少しでも目立たなくするようにするとか…。

 

白髪が目立つ髪では外出するのもおっくうになってしまいますよね。
他人からの視線を気にせずに外出できるようにしたいものです。
白髪が目立たないだけで、気持ちも晴れやかになり、
自然に素敵な笑顔がこぼれるでしょう!

 

白髪染めの強み別ランキング

 

生え際用の天然ヘアカラー

 

アレルギー用の真っ黒ヘアカラー
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント