白髪染め

白髪が目立たない黒髪にするための方法は?

女性にとって、服や靴、ネイルやお化粧なんかと並んで、
おしゃれを楽しむためのツールが、髪色ですよね!
髪型を大きく変えなくても、髪の色を少し変えただけで、
気持ちがハッピーになったり、はたまたクールになったりしますよね。

 

わたしは少しずつ白髪が生えてきちゃったので、
それが目立たないように少し茶色の明るい髪色に染めてたんですが、
テレビ番組でショーモデルがクールな黒髪だったのを見てから、
黒髪にしたい!って思いたったんです。

 

そこで、美容師に相談したんですが、
「よく考えてから黒にしたほうがいいですよ」
って言われたんですよ。

 

真っ黒に髪を染めるための染料は、
髪を茶色くするための染料よりもずっと濃く強いものらしいです。

 

黒が強い染料で髪を染めると、色は抜け難いので長持ちはしますね。
逆を言えば、抜こうとしてもなかなか抜けないって事です。
例えば、黒髪に飽きちゃって、少しあかるくしようかな!と思っても、
色素が抜き難いから、明るくできないんです。

 

それに、黒と白はコントラストが強いんです。
真っ黒に染めた中に、少しでも白髪が生えてくると、すごく目立つって言います。
明るい髪色の時には認識しなかった程度の白髪でも、
周囲を黒髪にする事で「白髪だ!」って気づくかも知れないと言われたんです。

 

そこで、その日はカットだけしてもらい、
黒髪にしようと思い立ったら自分で染めると伝えたんですよ。
 
その場合、黒染めだったら市販の物でも
綺麗に染める事ができるけど、
染め残しがあると白髪がすごく目立つから、
白髪が多い根元にしっかりと染料が乗るように塗る事とか、
気になるところから先に塗り始める事を教えてもらいました。

 

結局は、黒く染めるかまだ悩んでいます。
白髪は加齢から来るものでしょうから、これから減る事は無いでしょうし、
そうなると根元だけでも頻繁に染めないと、白髪が目立ちますよね。
根元だけを染めるミニサイズの白髪染めを買えばいいとは思うんです。
でも、わたしはあまりマメじゃないんで、結局放置しちゃうと思うんですよね。

 

美容師が言う通り、黒髪はよく考えてから決断しようと思います。
ヘアマニキュアで試してみるっていうのもアリかな!

 

白髪染めの強み別ランキング

 

生え際用の天然ヘアカラー

 

アレルギー用の真っ黒ヘアカラー
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント