白髪染め

抜くと本当に増える?!白髪を抜いてはいけない根拠とは

平均的に30代後半ともなると、白髪がだんだん気になりだしますよね。
頭のてっぺんや、耳の周りの髪をかきあげたりする部分など、
一番目立つ場所に限って最初に生えてくる事が多いですよね!

 

ところで…昔から白髪を抜くと増えると聞きますが、
それは本当なのでしょうか?

 

実は、髪の毛って髪の生える毛穴1つから、2、3本の髪が
生えてくるそうです。なので白髪だから1本だけだからと
抜いてしまうと毛根を痛めてしまい、髪の毛を作っている神経を
刺激してしまうので、結果的に他の髪も痛め抜けやすくしてしまうのです。

 

詳しく言うと、髪の毛はメラノサイトという細胞の影響を受けて、
毛穴の入り口で黒くなって生えてくるそうですが、
神経を痛めてしまう事でメラノサイトの供給がうまくいかなくなり、
結局他の髪も白くなって生えてきてしまう恐れがあるって事です。

 

やっぱり白髪を抜くと増えるって本当なんですね!
なので、白髪は抜くのではなくて根元からカットするのが
一番良い方法なんだそうです。とはいえ、
白髪の本数が増えてくると、1本1本カットするのも大変ですよね…。

 

じゃあどうするって話ですが、やはり自宅や美容院で
白髪染めってことになるわけです。
何で染めるの?
白髪染め?ヘアカラー?ヘナ?という選択肢が出てきます。

 

白髪を染めるにはまず色素を髪に入れなければならないそうです。
ヘナや白髪染めは白い髪に色素を入れる染料なので
白髪を染めるのに適していて、よく染まるのだそうですよ。

 

逆に、ヘアカラーで白髪を染めるとなると、
ヘアカラーで色を付けるには色素が必要なので、
当然白い髪は染まりにくく、いわゆる“白浮き”の状態になってしまいます。
なのでヘアカラーは黒髪を明るくするのには適していますが、
白髪を染めるのには適していないようです。

 

そうなると、やっぱり白髪染めかヘナが良いってことになりますね。
最初のうちは白髪染めを使う事に抵抗があるかもしれません。
ですが染めた後の見た目を考えると、
ヘアカラーで染めるより仕上がりが自然できれいになるそうです。

 

明るい色にしたい方には多少不満が残るかもしれませんが、
ヘナや白髪染めは髪の毛が痛まないので、そこは良いところですよね。

 

白髪染めの強み別ランキング

 

生え際用の天然ヘアカラー

 

アレルギー用の真っ黒ヘアカラー
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメント